ToolBox

本ゼミでは、3と4年生はケース研究を通じてポジティブ・ディスラプションを研究します。その準備として2年次ゼミの学生は、「ビジネス・モデル可視化」、「クリエイティビティ研修」、「ストーリー展開」など、複数のワークショップに参加しながらゼミ生としてコア・ケイパビリティを学びます。これらのワークショップでは、欧米の企業やコンサルタント会社が経営幹部を育成するために開発されたツールやゲームを使用しています。このページでは、これらのツール及びゼミ独自に開発されたツールの一部を紹介します。

4th and 3rd year students participating in the main seminar engage in case analysis of positive disruption. As preparation for this, the 2nd year students engage in a series of workshops (problem mapping, creativity, storytelling…) using a wide range of tools used by corporations and consultants to train executives.  Here are some of these tools (templates & analysis systems) used in the second year seminar.

お問い合わせ

質問? ご連絡下さい。

Start typing and press Enter to search